治療法 | 気になる体の変化を掴む、病気の症状と治療法について
看護婦の手

治療法

ホルモン補充療法

更年期障害は治療を行う事によって、その症状を改善させる事が出来ます。
治療は主に服薬によって行なわれるものです。
更年期障害の症状に合わせて薬を使い分けたり、または複数の薬を用いたりと、その人に合った治療を行っていく事が大切です。
薬は大きく3つに分ける事が可能です。

漢方薬

更年期障害の治療方法としてのホルモン補充療法は減少したホルモンを補充する方法です。
補充するホルモンは、卵胞ホルモンのエストロゲン、また黄体ホルモンのプロゲステロンの2つから成ります。
これらのホルモン剤を投与する事でホットフラッシュと呼ばれるのぼせやほてりの身体症状、また動悸などの自律神経が関係する不調を改善する事が出来ます。
病院で更年期障害の診察を受ける事で処方される薬、つまり保険適用のち量なので、自己負担も少なく、今では多くの女性に用いられる治療方法です。

抗うつ薬

漢方薬は東洋医学で度々用いられる治療で利用されているものです。
通常の薬などのように即効性はあまり感じませんが、じわじわと体に効く薬で、ホルモン補充療法の効果が今ひとつの場合に利用される治療法だと言えます。
更年期障害の症状が様々ある場合にまず用いられる方法です。

うつや不安といった精神的な症状を訴える事も更年期障害では度々あります。
ホルモン補充療法があまり効果を示さない場合、また不安感が強い場合に用いられる薬です。
抗うつ薬の治療とともにカウンセリングも効果が認められていて、専門のカウンセラーだけでなく、家族や周りの理解ある対応で改善する事も多いです。

» ページのトップへ戻る